小室直樹と「東横イン大阪鶴橋駅前」宿泊記

f0091282_2234381.jpg
目の前の仕事をかたずけるのに追われて毎年11月が過ぎる。
終わった後自分の成長を感じる爽快感は
言葉に出来ず、やったものにしか分からない
貴重な経験となり自分に蓄積されていく。
そんな経験をさせてくれてありがとう。
そんな日常から切り離された日々を過ごしていた自分が、
ふと日常に帰り、浦島太郎のように周りを見渡すと
世の中えらいことになってきたと強く感じる。
坂本龍馬(福山雅治)がテレビのCMで笛をふけば
エコポイントに群がるねずみと化した群集。
北朝鮮問題もそうだけど
「進軍ラッパが吹かれている」
ヤバイ ヤバイ
誰かが笛を吹き、踊らされる人生。
エコポイントが終わる時期に
お役御免の龍馬が殺される(最終回)なんて、
本当の龍馬ファンは怒ってる。

「いったいいくらほしいんですか?」
小室直樹の「日本国民に告ぐ」は良い処方箋です。

新しく11月1日にオープンした東横イン大阪鶴橋駅前の
デラックスツインには驚きました。
シングルルーム2部屋をぶち抜き、
ベッドもダブルが2台で、バスも大きめ。
ただし、景観はなく、朝食の内容も寂しい。
もっと寂しいのは、これは日本人相手じゃなく
中国人セレブのために
東横インが作った試験的ルーム。

かしこい東横インの日本人離れがはじまります。
闇市のような大阪鶴橋を拠点に
したたかに生きるミッツ&ミッフィーは
エコポイントを辞退しました。
補助金は一切受け取りません。
こんな時代は竜馬の時代には存在した
“誇り”のようなものが
特に特に大切です。


By 真の坂本龍馬ファン ミッツ
f0091282_23121117.jpg

f0091282_2353720.jpg

[PR]

by iiosu | 2010-11-28 23:13 | ホテル東横イン放浪記