東横イン 金沢香林坊 宿泊記

f0091282_0534359.jpg

世は想像を絶するほどの不景気。
バタバタ倒産、失業者の山。
しかし、不景気になればなるほど、
100円寿司は流行、セルフうどんも絶好調。
でもどうしてか、東横インの好調さだけはニュースに流れず、
依然、「知ってる人だけが得するホテル」となる。
東横イン金沢駅東口に宿泊した翌日は、
まだ新築の東横イン 金沢香林坊 に宿泊した。
東横インとしてはかなり巨艦店であるだけに、
不都合な点もあるにはあるが、
随所に工夫が見られ、また立地は多分
金沢のホテルでナンバー1であることから、
東横イン金沢駅東口に圧勝と思いきや、
金沢駅東口が持つ上品さのようなものは
このホテルにはなく、荒さのような感覚が残る。
それは、多分、香林坊という立地にもよるのであろうし
この規模が、実は東横インというビジネスホテルの
限界であるのであろうと感じられた
有意義な宿泊だった。
そうだ、東横インは、ここ金沢香林坊で、
「中国人をとるのか」VS「日本人をとるのか」という、
新時代の新しい課題をつきつけられたのだ
そして、この二つの人種が相容れない
水と油のような存在であることに
ここに行けば気がつくのだ。。さてどうする?

f0091282_1273932.jpg
↑ 巨艦ホテルだけに、朝食会場では行列。
f0091282_131120.jpg

↑ ついに、東横インで「会員の優遇」があからさまに。
バナナをいただきました。
(バナナよりも、会員専用レーンで
並ばくてもいい方がいいです。が)
f0091282_138010.jpg
↑ エレベーター3基、立体駐車場も4基の
ビッグスケール金沢香林坊。
f0091282_1414087.jpg



ミッツのホテル評価
★★★★☆
(昔の金沢香林坊店を知ってる人間からしたら天国。がしかし。。)


Byミッツ
[PR]

by iiosu | 2009-10-22 01:22 | ホテル東横イン放浪記