タグ:アジア ( 56 ) タグの人気記事

丹波市氷上町清住のコスモス畑

f0091282_21261244.jpg
今みんなが怒っている。

今、みんなが怒っている。
オスプレイ 沖縄 中国 復興費 野田総理 
みんなが怒ってるように見える。ように
テレビやメディアに誘導されていることに
気が付かないといけない。
怒れば負け。
そんなことしか見えないと負け。
何も考えていないから、
怒らせようとする人間にすぐ騙される。
脳味噌を洗脳されてる。


コスモスは怒るか?

暑い夏に出番が遅れて怒るか。
たとえ放射能を浴びても怒らない。
怒るのは、自分の心が弱いから。
コスモスはまわりがどんな状況でも笑ってる。

人間も本当はそうなれる。
人間もそういうふうに生まれてきてる。

自分で自分を苦しめるな。

コスモスを見て思いました。

優しさと美しさとかわいさと、
みんなみんな笑ってる。
幸せがいっぱい。
喜びがいっぱい。

心が大事

いまからもっともっと暗くなるから。


by ミッツ


f0091282_21425394.jpg

f0091282_2147384.jpg

f0091282_21482856.jpg

f0091282_21512414.jpg
↑今年の新しいお友達。
[PR]

by iiosu | 2012-10-19 21:54 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

「日本の独立」植草一秀

f0091282_20102833.jpg
お正月のベトナム旅行に持って行き 
ルネッサンス リバーサイド ホテルの屋上プールでも、
レジェンドホテルのプールサイドでも読んだ本。

私は、ベトナムまでこの本を読みに行ったんです。
既存メディアといわれる所謂大新聞系のテレビ局等の
電波が届かないところへ行きたかった。
洗脳される大本営発表はもうこりごりだ。
特に、破綻しているものを生きているように見せる手法は
第二次大戦の時、勝っていると信じこまされた過ちと
同じでないか。もう騙されない。
そして、干渉のない大好きなベトナムで
日本国民にとって必読の書”をむさぼり読みました。

ここに書かれたことが
「事実?ほんとのこと?」と次の世代に聞かれたら、
私達は、どう答えたらいいのだろうか。


この本が予想するように、消費税を上げる政府。
「政府は民衆のことなど考えていない。」
こんな不景気に、消費税を上げたらどん底が来る。
消費税を上げるより国を閉じよ。
規制緩和でなく中国のように金融引き締めを。
津波が襲ってこないうちに。
サッカーで浮かれてる場合ではない。

革命が起きた時、その革命家のほとんどは
植草一秀の「日本の独立」を読んだ人間であろう。

時代は必ず変わる。信じよう。

歴史は必ず 植草一秀の「日本の独立」発刊前と
発刊後に分かれるだろう。

ハゲタカは日本にいるが旧来の日本と沈没する。
そして新しい日本が出来る。信じよう。そして戦おう。
主権は国民にある。
好きにはさせない。

この本のいおかげで、大好きな日本に、
正月、日本人としての誇りを持ち 帰ってきました。
ありがとう。



Byミッツ
[PR]

by iiosu | 2011-01-29 20:43 | 読書部屋(経済社会雑感) | Trackback | Comments(0)

ベトナム土産公開

ミッツ&ミッフィーのお正月2011ホーチミンの旅
と題した今回のツアー土産は
f0091282_11485019.jpg
じゃ~ん、こんな感じです037.gif
f0091282_1154573.jpg
食べ物は、国営百貨店で買った
ベトナムコーヒー・ブラック(インスタント)
ご当地?オレオ(激安です)
そしてメコンデルタツアーで買ったココナッツキャンディーです。


ベトナムコーヒーは、粉からいれるのもいいけど
面倒くさいのでインスタントをチョイス。
差し上げた方たちにもなかなか好評でした。

オレオは、なんか無難にバニラを選らんでしまったけれど
ベトナムでは、苺やモカなど
日本では見かけないフレーバーが沢山ありました。
今思えば、色々買ってくればよかったと後悔008.gif
f0091282_1295820.jpg
雑貨は、タンポポで買ったティッシュカバーと
f0091282_12125024.jpg
ユイタンで買ったお箸と箸置きのセット
本当はもっと欲しかったのだけれど、在庫がなかったの007.gif
f0091282_12151277.jpg
このお店では、こんなに可愛くラッピングしてくれました049.gif
f0091282_1219269.jpg
これは国営百貨店でかったベトナムコーヒーのフィルター

インスタントを買っといて変だと思われるでしょうが
コレはガーデニングに使う予定。
底に穴が開いているので、セダムでも植えようと思ってね006.gif
f0091282_1230345.jpg
でも全部同じ種類だと思って買ったんですが、
大きさも、中蓋の形も違ってびっくり。
通りで一個一個値段が違った訳だ。
外国で買い物する時は本当に一つ一つ確かめて買わないといけませんね。
f0091282_12304842.jpg
これも国営百貨店で買った氷をすくうスコップ。
これもガーデニングに使用する予定
f0091282_12313865.jpg
これはタンポポでミッツが唯一かったTシャツ
文字がウケるでしょ037.gif

以上が今回のお土産です。
張り切ってプチプチをいっぱい持っていったのに
結局ベトナムバッチャン焼きは、買いませんでした。
本当は買おうかなと思ったミニチュアセットがあったんだけど
ミッツに止められました025.gif(激安だったのにぃ)



まだ全部配れてないので、早く渡さないといけませんね。


オマケ
f0091282_1250478.jpg
左が日本のスーパーで売ってるヤマザキナビスコのオレオ
右がベトナムで買ったクラフトオレオ

日本のはクッキーの模様がはっきりしてて食感がサクサク
一方、べトナムのは、ところどころ模様が崩れてて食感は、ザクザク
味もちょっと塩気があるかなと言う感じでした001.gif

by ミッフィー
[PR]

by iiosu | 2011-01-26 12:35 | おかき&お菓子 | Trackback | Comments(0)

2011ホーチミン(ベトナム)へ~帰りの機内食

ベトナム・タンソンニャット国際空港を00:10に出発した
ベトナム航空VN940便(有難いことに関空直行便です)
その機内で出された機内食(朝食)です。
f0091282_11293819.jpg
寝たのか眠ってないのか解らない状態で、
むりやり配られたって感じの朝食。
和食かアジアンスタイルかチョイスできたのですが
疲れきっていたので、二人とも和食を選びました。

半分意識モウロウとしていたので、食欲もなく
少ししか頂かなかったのですが、
優しい味付けの大根の炊いたのが美味しく感じました。
メインは鯖
フルーツがさっぱりしてて美味しかったです。


因みに帰りの飛行機は飛行ナビ(地図)&機内エンターテイメントがありました。


by ミッフィー
[PR]

by iiosu | 2011-01-25 11:41 | 海外でグルメ | Trackback | Comments(0)

ホテル エクアトリアル ホーチミンシティー(ベトナム)

f0091282_2031628.jpg
日本へのフライトが深夜だったため、
ホテルエクアトリアルをデイユースしました。
便利な市の中心部からきたため、
このホテルが立地する5区は
正直不便で、親切な日本人スタッフさん曰く、
「5区には何もありません。近隣のレストランに入られると
お腹を壊される方が多く、市中心部まで出て下さい。」
市の中心部よりも、あきらかに交通量が多く(凄じいバイクの波)、
まるで、交差点の中洲にでも建っているかのようなこの立地に、
ここに宿泊しないで良かったと思ったほどだ。

しかし、ここには、素晴らしいプールがあり、
幸運にも4階のプールアクセスの部屋が空いており
そこに部屋を取ることが出来た。
f0091282_20443259.jpg
部屋からすぐにプールに出られる。
ということは、、、戸締りしないと無用心でもあった。
街の喧騒が聞こえる点も少々興ざめ。

f0091282_20512318.jpg

f0091282_20514522.jpg
f0091282_20523359.jpg


エクアトリアルも5つ星。決して悪くないけれども、
ルネッサンスやレジェンドに宿泊した後では、
垢抜けないというか、レベルの違いを感じた。
客層を見ても、やはり1ランク落ちた印象でした。
ただし、飛行機時間待ちのデイユースにはこれで充分すぎる。




Byミッツ
[PR]

by iiosu | 2011-01-24 20:56 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

pat’t Chou(パタシュ―)ハイバーチュン通り店でランチ

ホーチミン滞在最終日は、レジェンドのシャトルバスで
市民劇場前まで送迎してもらい
そこから徒歩で国営百貨店に行き、お土産を買いました。
(国営百貨店は外装工事中だったので写真なしです007.gif
因みに2Fにあるスーパーに入るには、
受付で荷物預け鍵を受け取ってからしか入れません。


で、お買い物を済ませたあと、徒歩で
f0091282_18584029.jpg
pat’t Chou(パタシュ―)ハイバーチュン通り店に行きました001.gif
f0091282_18594776.jpg
店内は清潔感があっておしゃれ。
対面販売で、パン・ケーキ、マカロンまでありました。
f0091282_1915351.jpg
焼き菓子も豊富ですよ。

f0091282_194798.jpg
ミッツはドーナツとでデニッシュをオーダー
温かくないので?ちょっと微妙046.gif
f0091282_1962076.jpg
ミッフィーはチョコケーキをオーダー

スプーンを入れた瞬間、アレッ!?と思ったんですが、
一番上のコーティング部分が信じられないくらねっとりと硬く
なんだかなぁって感じでした。
ムース部分はまぁまぁ美味しかったですがね。
f0091282_19213466.jpg
こちらもミッフィーオーダー

フランスパンにお野菜とベーコンがサンドされてます。
これは焼立てだったしとても美味しかったです011.gif


旧フランス領だけあってフランスパンは美味しかったです。
スイーツは、見た目にもカットの仕方が甘く
もっとがんばれ~って感じでした。

メモ065.gif合計152,000ドン(¥640)
カード払い不可

by ミッフィー
[PR]

by iiosu | 2011-01-23 19:30 | パン | Trackback | Comments(0)

The Sushibar III(ザ・スシ・バー 3号店)

miu miu(ミュウミュウ)でマッサージを受けた後
f0091282_1746887.jpg
宿泊先のホテルレジェンドのすぐ側にある
The Sushibar III(ザ・スシ・バー 3号店)で夕食をとりました041.gif
f0091282_1748459.jpg
店内は想像以上に広く、お客さんも沢山入っていてとっても賑やかです。
お店の照明が暗くて上手く写真が撮れなかったので
店内の様子はこちら068.gifを参考にしてくださいね006.gif
f0091282_1752561.jpg
メニューは、
お寿司の種類が豊富なだけでなく、
酒の肴から鍋・麺類・丼物、ランチには松花堂弁当等々、
日本でもこんなに沢山出すお店はないぞ!ってくらいなんでもあります。
それに写真付き、日本語表記ありでとっても解りやすいです。
f0091282_1821148.jpg
先ずはお通しが出てきました。
これはツナとキャベツの炊いたんかな?
f0091282_1833710.jpg
寿司盛り合わせB(16貫)をオーダー

見てくださいこのツヤツヤしたネタ!
とても外国で食べるお寿司とは思えません。
(タイではカニかまのにぎりが干からびてたもんね)
味もここはベトナムだなんて信じられないくらい美味しくて
日本の下手な寿司屋より断然美味しかったです011.gif
f0091282_187583.jpg
天ぷらの盛り合わせももオーダー

衣もサクサクで、ちゃんとお塩と天つゆ・大根おろしも付いてきました。
f0091282_1931828.jpg
このお店さえあれば、ベトナムでも生きていける(ホンマかいな!?029.gif
って思えるほど、リーズナブルで美味しい和食屋さんでした049.gif


メモ065.gif;寿司盛り合わせB 198,000ドン
天ぷらの盛り合わせも 120,000ドン
税10% 31,800
合計 349,000ドン(¥1,470)
因みにお茶とお通しは、無料でした。
(レシートもくれます)
カード払い可能

by ミッフィー
[PR]

by iiosu | 2011-01-23 18:31 | 海外でグルメ | Trackback | Comments(0)

miu miu(ミュウミュウ)

メコンデルタツアーから帰ってきて、息つく間もなく
miu miu(ミュウミュウ)に直行しました001.gif
ブランド物を買いにいったわけではありませんよ!
マッサージです、マッサージ043.gif

宿泊先のホテルレジェンドからも近くて便利な場所です。
f0091282_11583248.jpg
ここは、前日前々日に行ったマッサージ店と違い
鍵付きのロッカールームがあり、
Tシャツと短パンに着替えてマッサージを受けました。
また、案内されたのは個室で、他のお客さんと顔を会わせることなく
リラックスして、マッサージを受けることができました。
前の2店は私語がうるさくてよく解らないことで笑われましたが
ここはちゃんと教育されているみたいで静かに
そしてフットマッサージをお願いしましたが
ほぼ全身をほぐしてくれてとても気持ちよかったです。
ただ、どうもここで塗られたクリームが肌に合わなかったみたいで
ミッツ&ミッフィーともにカイカイが出来ちゃいました。
そのことを除けば、このお店が一番良かったです。

メモ065.gifフットマッサージ70分コース2名 400,000ドン(¥1,680)
カード払い可能
日本語も通じます。

by ミッフィー
[PR]

by iiosu | 2011-01-21 12:21 | プール海&温泉&マッサージ | Trackback | Comments(0)

メコンデルタツアーでのランチ

メコンデルタツアーは、ツッコミどころ満載なツアーでして006.gif
行く先々で、お土産物の売り込みがあり、
とっても面白かったです。


058.gif

058.gif

058.gif

f0091282_1975238.jpg
先ず最初に到着した島では、
古くからのライスパーパー作りの説明を受ける。
米粉を挽くところから始まり
f0091282_19102387.jpg
ピンとはった手ぬぐいの上で、クレープみたいに薄く伸ばした生地を
蒸し焼きにして、その後乾燥させ出来上がりというわけ。
「フムフムそうなのかぁ」なんて関心しながら聞いていると
いきなりライスペーパーの売り込み開始。
「アッ!そういうことなのね」なんて気付いた時には
皆、ライスペーパーに群がってて飛ぶように売れてまスた003.gif
f0091282_19225228.jpg
っで一通り、お土産物が売れると、ランチタイム突入。
↑中央に写っているのは、名物のエレファントフイッシュ(像耳魚)
f0091282_21545871.jpg
レストランのお姉さんが手際よく身をほぐし
生春巻きを作ってくれます023.gif
これはまぁまぁ美味しかったかな。
f0091282_21555862.jpg
これもランチに出てきたスープ&よく解らないお料理たち。
お野菜と海老がたっぷり入った微妙な酸っぱさのスープに
前夜に引き続き、残念な炊き上がりのご飯。
煮魚も煮詰め過ぎで味が濃く、見た目がグロくて
同じテーブルだったヨーロピアンのファミリーは、首を振るばかり。
食べれなくはないけど、美味しくもないお料理たち。
まぁそれも旅の思い出としてミッフィー的には面白かったですね037.gif
f0091282_2292565.jpg
また違う島に渡ったときには、どこからともなく
スーパーカブに乗ってやってきた歌手のお二人と伴奏の方達
ベトナム民謡!?か何か解らない歌を可愛らしく歌ってくれて
f0091282_22131348.jpg
その歌を聞きながら、フルーツを頂きました。
右上に写っているフルーツはドリアンかと思って食べなかったのですが
f0091282_221428.jpg
どうやら、ジャックフルーツという果物だったみたいです。
今思えば、挑戦してみればよかったかも039.gif


この後も蛇を身体に巻きつける体験とか
巣箱は見せられなかったけど、ハチミツを売り込むための
ティータイムが等々あり、最後は
f0091282_22191612.jpg
ココナッツキャンディー工房の見学
生キャラメル状態の飴を試食させて買ってもらおうという作戦らしい。


朝早くから夕方まで、まる一日かけたこのツアー。
疲れたけれども、行く先々でおもろいことがあり
とっても良い思い出ができました。

そうそうこのツアーに行かれる方は
是非トイレットペーパーを持参してください040.gif

by ミッフィー
[PR]

by iiosu | 2011-01-20 22:36 | 海外でグルメ | Trackback | Comments(0)

シンツーリスト「メコンデルタツアー」(ベトナム)

f0091282_224331.jpg
知る人ぞ知るベトナムのバックパッカーの本拠地がここ。
このファングーラオ通り、デタム通りの安宿街を
10年くらい前にに大きなリュックサックを抱えて彷徨っていたミッツ。
このシンツーリスト(旧シンカフェ)の近代化には目を見張る。
ツアーの申し込みは昔は、リストに名前を自分で書くだけ。
今では、コンピュータで当日発券してくれる。
ただ、昔と変わらないのはその安さ。
日本で予約すれば一人50ドルのツアーが、
ここでは約12ドル(¥1100)

ただし、ホテル送迎はなく、ここが出発地点だ。
f0091282_22562757.jpg
↑ 当日朝はツアーバスが次々に発着する。
チケットにバス番号がありそのバスに乗る。アナウンスもあるから安心。
f0091282_2390100.jpg

f0091282_2391285.jpg

f0091282_23102918.jpg

f0091282_23133531.jpg

f0091282_23134936.jpg

ジャングルを舞台に、船に乗り、馬車に乗り、
小船に乗り、蛇を見て、歌を聴く?
正月早々すごくハードなツアーだったけど、
日本ではなかなか出来ない体験。
かたこと英語のしゃべれば長く熱い隊長と、
ヨーロッパ人、韓国、シンガポール等国籍様々な
ツアーメンバー達と一緒に大変楽しめましたよ。


By ミッツ
[PR]

by iiosu | 2011-01-17 22:54 | おでかけ | Trackback | Comments(0)