カテゴリ:ホテルで朝食を(宿泊記)( 75 )

トホテル トアロード (兵庫県神戸市中央区)

お遊びだけでの旅行はほとんどなし。
仕事に追われる旅のため、特にお上りさんの多い
春先や連休中は、わざわざ都心部まで車を
乗り入れるようなことはしない。
彷徨う車と満車駐車場のロスは
大切な時間を浪費させてしまうし
エコでロハスな生活ポリシーに反する。
特に北からの神戸三ノ宮へはパーク&ライドが容易で、
ルート設定やアクセスの方法など、素人さんが
驚く“方法”を プロや、セミプロは知っているし
彼らからの情報を入手することも仕事のうち。
ただし、視たところネットにはまだまだ掲載されていないし、
してはいけないであろう場合も多々ありそう。

f0091282_133417.jpg

f0091282_133960.jpg

f0091282_134049.jpg

ミッツ&ミッフィーの「神戸の定宿」
ホテル トアロード
以前より朝食がパワーアップして豪華になっていた。
洋食も和食も思う存分。デザートまで。

ミッツのホテル評価★★★☆☆
ミッツの朝食評価★★★★☆
(ちょっとお部屋は老朽化してきたがまだまだ快適)
[PR]

by iiosu | 2015-03-20 01:02 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

ホテルハーベストイン米子(鳥取県)

沿岸3キロの水泳をこなし、自転車で145キロ
最後にマラソンを42・195キロという
全日本トライアスロン皆生大会。
日本のトライアスロン発祥の地
米子に行ってきました。
宿泊先はいつものスーパーホテルと
ホテルハーベストイン米子。
ハーベストインは朝食も良く
バスタブも大きくおすすめ。

おじさんが乗るゆったりした車でなく、
体力がないと乗れないよく揺れる
小さなスポーツカーに乗り換え、
車ではきゃりーぱみゅぱみゅのCD

♪今まで 色んなホントいい思い出たち
トランクに押し込み 忘れはしないよ
これから未来は 自分次第なのでしょ
わくわくの切符を 買いに行くよ♪

♪これから未来は 自分次第なのでしょ
わくわくの切符を 買いに行くよ♪

忘れてはいけない“気持ち”
キラキラ輝く言葉の渦に
励まされる40代。
分厚いサウンドに驚く。


♪これから未来は 自分次第なのでしょ
わくわくの切符を 買いに行くよ♪


さぁ夏が始まりました!
f0091282_18453298.jpg


by ミッツ
[PR]

by iiosu | 2014-07-22 23:52 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

チサンイン福井 (福井市大和田町)

f0091282_21155612.jpg
実は軽井沢で一番人気は
「ホテルパイプのけむり」と「チサンイン」だったりする。
リゾートはもう軽く軽くなってしまって、
ベンツやBMなんかもかっこ悪くなって
もっとナチュラルでカジュアルで、
自分らしくいることが
一番かっこ良くなってしまった。
東横インがあっとういう間に古くなった理由も、
ここに宿泊すると良く分かり、用事のために
sikatanaku 安いホテルに泊まってる人は、ここにはいず、
もっとアクティブで、積極的な理由で
人々が今はここを選んでいる。
HARLEY-DAVIDSON に乗る年配のカップルが、
プレスリーの衣装のようなコスチュームで
堂々と出現するのが「チサンイン」だ。
そういうクラスレスな感覚こそ 今 なんだ。
今人気あるところは
CMしないからテレビには出ない。
オカネで融通する時代は終焉し、
そこから離れることが出来た人だけが
楽しく生きれる時代。


時代は ますます 楽しくなる。


by ミッツ




ミッツのホテル評価★★★★☆
ミッツの朝食評価★★★★☆


f0091282_21393467.jpg

[PR]

by iiosu | 2012-11-12 21:40 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

大阪東急イン(大阪市北区)

f0091282_215855100.jpg
追い求めることを辞めると、
何か知らないが、欲しいと思う物が
次から次に転げ出てくる。
今の心境はそんなところで、
追い風に乗ることだけを考え、
向かい風にけっして帆をはらない。
風を見るための投資は惜しまず、
その努力の上で、超然と佇む。
誰が、どこが、何が、フォローか。
そう。何が“ついている”のか。
とらわれないこと。
自分を透明にし自然体にすることに
一番気をつけている。

大阪の大動脈、新御堂筋が使えると、
実は、北への阪神高速は必要なし。
箕面から梅田までは一直線。車で15分だ。
大阪東急インなら、泉の広場に降りて徒歩5分で
梅田中心部へアクセス完了。ビジネスにはとても便利だ。
無駄なモノがないのでホテルとしての機能性がいい。




ミッツのホテル評価
★★★☆☆
ミッツの朝食評価
★★★★☆
[PR]

by iiosu | 2012-11-06 22:15 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

金沢都ホテル

f0091282_20575753.jpg
久しぶりの金沢。
駅前でさへ、時間の流れがゆるく感じられる。
数年前までは元気だった香林坊や片町は老い、
フォーラスというショッピングセンターが
新設された駅前に人が集中している。が 
金沢の有名回転寿司が、金沢を出ていく理由が
今回の訪問で良く分かった。
今の金沢には、人をリピートさせる魅力が
以前より少し弱いようだ。
キラキラ輝いていた金沢を知るだけに
それは 少し 寂しい感じだった。

f0091282_21141671.jpg
↑ リニューアルされた部屋は必要充分で
テレビも大きいが、品質感には欠ける。
とはいっても 廊下の音等は
完全にシャットアウトされていた。
f0091282_21192862.jpg
↑ 水周りは清潔で流れも良い。合格だ。

f0091282_21232525.jpg
↑ 朝食会場は広く開放感はあるが
デザインがない。
f0091282_21264882.jpg
↑ 駅からは地下道でつながるこの立地はすばらしい。
f0091282_21302177.jpg
↑ イオンを核とする金沢フォーラスも目の前。


フォーラスが出来たことで駅前が一つの敷地となり
一体感が生まれた。駅前ホテルならどこに宿泊しても
さほど利便性は変わらないであろう。
ダイワロイネット ルートイン ドーミーインなど
最新設備のビジネスホテルが揃う駅前で
老舗の金沢都ホテルも頑張っていた。
30年前の ザ日本のホテルだった。
これからはけっして作ることが出来ない図体のデカさで
老朽化はしているが、それが逆にゆとりとなり
今の金沢とベストマッチしているような感じだった。



ミッツのホテル評価★★★☆☆
ミッツの朝食評価★★★☆☆


By ミッツ
[PR]

by iiosu | 2012-05-17 21:48 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

ホテルコムズ大阪(旧 三井アーバンホテル大阪)

f0091282_22495834.jpg
梅田芸術劇場に近いからこのホテルを選んだが
老朽化している部屋 東横インより狭い風呂
大型車は苦労する地下駐車場へのアクセスなどを
帳消しにしてくれるのが 
眺望の良い17階のレストランでの朝食で
この会場だけがこのホテルでなぜか
とびきり洗練されていて
フルーツまで充実する内容からして
ビジネスホテルでは最上の部類であろう。
f0091282_22532829.jpg

f0091282_22545742.jpg

↑ 朝食会場は眺望が良く気持ちいい。
東横インの左側には梅田芸術劇場と
大変便利な立地である。

古いホテルもリノベーションで
生きかえる好例だろう。



ミッツのホテル評価
★★☆☆☆
ミッツの朝食評価
★★★★☆
[PR]

by iiosu | 2012-04-06 22:42 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

クオリティホテル神戸(兵庫県)

f0091282_2112857.jpg
神戸のお正月はミッツ&ミッフィーの十八番だ。
どこにいつ人が集まるかも分かる。
お正月に神戸に行って
縁起の良い「福財布を買う」ことが、
ミッツの大切な恒例行事となりつつある。
ほんとうに神戸の財布はいいのだ。
お財布まるごと入れ替えて、新年スタート!
朝食は食べなかったが、二人で¥5800とは驚き。
クオリティホテル神戸は、ミッフィー流に言うなら「プチロイヤル」
そう。確かに古いが広い。
会社の保養施設のダイワロイヤルホテルに似てる。
洗い場のある広いバスルームが、
スプリングの悪いベッドと
写りの悪いテレビを帳消しにする。
f0091282_2122827.jpg
徒歩5分圏内に、神戸ポートピアホテルと
ホテルパールシティ神戸があり、
こちらは三宮までの送迎バスが無料、
朝食もクオリティホテル神戸よりかなり強力であり、
こちらが利用出来れば
ホテルライフの選択肢がぐっと広がる。
つまり
クオリティホテル神戸は
神戸ポートピアホテルの別館となりうる。

このおどろくべきミラクルが、
旅慣れたミッツ&ミッフィー一流のホテルライフなのだ。

f0091282_21255458.jpg
部屋からの景色もいい。遠くに港が見える。


ミッツのホテル評価
★★★★☆


BYミッツ
[PR]

by iiosu | 2012-01-06 21:35 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(2)

スーパーホテル米子駅前(鳥取県)

f0091282_2124524.jpg
東横インの宿泊客の年齢層があがり、
若者は何処へ行ったのかしらと
初!スーパーホテルに宿泊してみると、
やっぱりここにいた。
おじさんやおばさんが来ると、
ユニクロがそうであったように
若者は逃げる。早い。
その一瞬の感覚のずれを訂正するため、
わざわざ、激戦区 米子まで来て自分の目で確かめる。

時代が読めていないと、大切な仕事の判断を間違える。
自分の頭はすぐ古くなり、時代に追い越される。
特に、今はすごいペースで世の中が変化中だ。
このホテルには 新しいコンセプトがある。
〔心地の良い睡眠を提供すること〕
そうすると、旅行客だけでなく
じっくりゆっくり眠りたいという
現代人の需要まで取り込めてしまう。
驚くべき切り口と、割り切りに妥協はない。
そんな割り切りの良さに、
本当のエコを見出すお客が溢れていた。
f0091282_21385511.jpg
↑スーパールームと呼ばれる2段ベッド。
荷物を置いてもいいし、寝てもいい。
宿泊者に選ぶ自由がある。
ここですでに足腰の弱い高齢者は排除される。
ホテルがそういう主張をすることがすごい。
f0091282_21442225.jpg
↑必要最小限のユニットバスの湯船は狭い。
f0091282_21453613.jpg
↑小さな正方形の大浴場も必要最小限。
f0091282_21465647.jpg
↑清潔な脱衣場も必要最小限。
f0091282_21482789.jpg
↑1階ロビーが朝食会場となる。
f0091282_21493389.jpg
↑駐車場は別にあるが、
ホテルの前には荷物を降ろすスペースで
これはありがたい。
f0091282_21505626.jpg
↑米子駅前はホテル大激戦区。

ここに来ると、東横インの“古さ”に気付く。
こんなに楽しいホテルがあるのに、
なぜ、価格が高い東横インに宿泊するの?
正直そう思った。
スーパーホテルは全国にあるが、
施設にばらつきがあり、
まだ、チェーンとしてのレベルの統一感には欠ける。
しかし、新しい風は、またたくまに
時代を塗り替えていくんだろう。期待してる。
米子はいい。あらゆる意味で刺激的だ。
来て見て下さい。

ミッツのホテル評価
★★★★★
ミッツの朝食評価
★★★★☆


Byミッツ
[PR]

by iiosu | 2011-11-26 21:43 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

鳥取グリーンホテルモーリス (鳥取県)

f0091282_1944960.jpg
企業の出張が減り経済が縮小される時、
特に厳しいビジネスホテル業界では、
完全に勝ち負けがはっきりしてきた。
人気ホテルにお客が集中している。
鳥取では、ここ グリーンホテルモーリスが一番人気。
実際宿泊してみて、その理由がはっきりと分かった。
f0091282_1951355.jpg
↑ テーブルが広く仕事もはかどる。
グレード感のある客室だが、
今となってはテレビが小さめ。
f0091282_19553789.jpg
↑ 大浴場もあるが、お部屋のバスルームは標準以上。
f0091282_2032493.jpg
↑ エレベーターを降りたところには、セルフで枕が選べるロッカー。
f0091282_2072944.jpg
↑ 大浴場はタオルが使い放題、お茶のサービスもあり。

2010年1月4日OPENの新しいホテルで
リッチモンドホテルとドーミーインを足して2で割ったようなホテル。
ただし、雰囲気あるロビーの造りはこちらが上である。
夜遅いチェックインに対応してくれたフロントマンも仕事が出来る。
二人で、満足いく朝食が付き、1万円でお釣りが来る。
ドーミーインのような仕掛けのある大浴場ではないが
大きなマッサージルームを併設した心地良いお風呂。
ここなら長期滞在したくなる。

やっぱり、あの業界の人に出会うホテルに外れはなし。

ミッツのホテル評価
★★★★☆
ミッツの朝食評価
★★★★☆
BYミッツ
[PR]

by iiosu | 2011-11-16 20:00 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)

チサン イン 倉敷水島(岡山県)

f0091282_213763.jpg
対岸の岡山倉敷を拠点とし、
さぬき高松まつり花火大会に
JR快速マリンライナーで往復しました。
こちらに宿泊しなければならない理由は、
このチサンインホテル倉敷水島でした。
f0091282_21442065.jpg
↑ずばりこのバスルームは、ライバルであろう
東横イン、ルートインの比でありません。
サイズとデザイン空間が違います。
この快適さを味わってしまうと、
まず、宿泊先としてのエントリーに
チサンインが浮かんでくることになります。
f0091282_21474113.jpg
↑年配の方には絶対おすすめ出来ませんが、
ロフトベッドを備えた機能的な客室は、
眠るだけなら必要にして充分。

これは、すごい強敵が現れました。
広大なバスルームを部屋に入れるために、
ホテルが設計されています。
朝食も東横インよりいいです。
ただし、部屋にフロントを呼び出す電話はありません。
力を入れるところと抜くところの絶妙なバランス。

NHK大河ドラマ江ではありませんが、
天下餅「織田がつき、羽柴がこねし天下餅、座って食うは徳川家康」、
ビジネスホテル業界ならば、
「ドーミーと東急がつき、東横がこねし天下餅、座って食うはチサンイン!」
東横インが全国制覇したと思った途端
チサンインは「徳川家康」戦略です。驚きです。
そうです、
東横インに宿泊されなければチサンインの良さが分からないのですが。。



ミッツのホテル評価
★★★★★
ミッツの朝食評価
★★★★☆

BYミッツ



f0091282_21594077.jpg

[PR]

by iiosu | 2011-08-28 21:55 | ホテルで朝食を(宿泊記) | Trackback | Comments(0)