映画「君の名は」inOSシネマズ ミント神戸

f0091282_221291.jpg
ミッフィー(妻)にはいつもミッツ(夫)とミッフィーは同じ魂。だということを言ってるが、
この映画を見てから、二人が話したことは、
今を生きてるけど、実は今は今でなく、
もうミッツの形をしていない魂の回想が今であり、
今は、だんだんとカウントダウンするように
死んだミッツの魂の現在に近くなっていくという
《時空を超え巻き戻っていく時の感覚》と、
ミッツとミッフィーの前世には、夫と妻が逆転して
ミッツが女性で、ミッフィーの妻だった時もあり
ミッフィーが僕の夫であったこともあったという
《輪廻の記憶と魂の交流》について話した。
来世にはまた立場が逆転して生まれてくるかもしれないし
だからお互いに、慈しみ、補い、大切にすることが
この、同じ魂を持ったものの定めであり
(夫・妻に関わらず、この世で接触する全ての人には
前世でもなんらか関わりある魂同士であるが)
私たちを生み出した大いなる存在が
一番望まれていることだと、
この映画を見て再確認した。

この映画が大ヒットしていることはすごいし
(こんな難しい主題なのに)
この映画を見た人が、嘘だらけの世の中で
《本当の自分》や《生かされてることの意味》を
少しでも、《思い出して》くれることがあれば、
それが、この映画に宿る
大いなる存在の主旨なんだろと思う。
(これが世界で上映されると世界が変わる。)
それが今の自分には分からなくても、
潜在意識下で心はきっと理解している。

この映画でも災害が出てくるし、
現実世界にも災害がますます多くなってるが
この映画の美術の美しさは《楽園》のようであるし、
(特に隕石の軌道の美しさ、光、影)
現実に生きているわれわれも、
わざわざリゾートに行かなくても、
今ここ《楽園》に住んでいるということを
《けっして忘れてはいけない》

たとえどんな災害が起きても
《けっして忘れてはいけない》


君の名は??



By ミッツ






f0091282_2255782.jpg

[PR]

by iiosu | 2016-10-23 22:08 | 映画館でシネマを | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://iiosu.exblog.jp/tb/26544595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。